都会の寓話・いねむり坂の女主人・その4

ヒソヒソヒソ、ガヤガヤ、ハハハハハ。 ふと何かの物音に目を覚ましました。 何か賑やかな話し声が聞こえてきました。 耳を澄ますと、ぼくの足元の床下から聞こえてくるようです。 ぼくはぐっすり眠ってしまったようです。 背伸びを […]

© 2017 f-supo.com